meideru blog

meideruが書いているブログです。主に電子工作・プログラミング・ガジェット類などを中心に記事を書いています。

【CentOS 7】ユーザの作成からグループの割り当てまで説明します

      2016/08/03

最近は、CentOS 7 について勉強をしています・ω・

昨日、sambaを導入してファイルサーバを作成しました(^o^)

今日は、ユーザの作成、グループの作成、グループの割り当てについてまとめたいと思います。

ユーザを作成する方法

ユーザを作成するには、useradd を使用します。

ここでは、sample_userという名前のユーザを作成することにします。

3行目のidでユーザが作成されたかどうかを確認しています。作成されていますね!成功です!

ユーザにパスワードを設定する方法

ユーザにパスワードを設定するには、passwdを使用します。

上ではsample_userにパスワードを割り当てています。

グループを作成する方法

グループを作成するには、groupaddを使用します。

sample_groupという名前のグループを作成しました。

グループが作成されたかどうかは、/etc/groupファイルで確認します。作成されているので、成功です。

グループの割り当てについて

ユーザにグループを割り当てるには、usermodを使用します。

オプションで-aと-Gを使用します。

-Gは補助グループを加えるという意味で、-aは追加という意味です。つまり、-a -G で以下に書くグループを追加するという意味になります。

間違って

とやってしまうと、今までに加わっていた全てのグループから除外されて、sample_groupだけが新たに追加されるといった状態になるので注意してください。

ユーザを削除する方法

ユーザを削除するには、userdelを使用します。

グループを削除する方法

グループを削除するには、groupdelをしようします。

2行目のcat /etc/group | grep sample_group で、削除されたことを確認しています。

| はパイプラインのことです。詳しく知りたい方は、ググってみてください。

おまけ

おまけでユーザとグループの一覧を表示する方法をお教えします・ω・

ユーザ一覧を表示する方法

ユーザ一覧は、/etc/passwdファイルに書き込まれているので、それを表示すればOKです。

グループ一覧を表示する方法

グループ一覧は、/etc/groupファイルに書き込まれているので、それを表示します。

設定を反映する方法

コマンドを用いて、ユーザにグループを割り当てただけでは設定は反映されていません。

一旦、ログアウトして再度ログインすると有効化されます。

 

以上です!

ノシ

 - Linux