meideru blog

meideruが書いているブログです。主に電子工作・プログラミング・ガジェット類などを中心に記事を書いています。

【レビュー】炙り醤油ジャパンとスモーキーアメリカを食べてみた

      2016/08/03

今話題のマクドナルドのバーガー、「1971炙り醤油ジャパン」と「1955スモーキーアメリカ」を食べてみました(^o^)

@「1971炙り醤油ジャパン」と「1955スモーキーアメリカ」
「1971炙り醤油ジャパン」と「1955スモーキーアメリカ」

 

食べ比べたレビューを書きたいと思います(^o^)

名前の由来について

名前の由来はマクドナルドの公式ホームページで、それぞれ以下のように説明されていました。

「1971炙り醤油ジャパン」

1971年、東京・銀座に第1号店が登場してからの45年の歴史に想いを馳せて開発された、日本人になじみ深い醤油ベースのソースを使用したバーガー。ジューシーでボリュームたっぷりの1/4ポンド100%ビーフパティに、トマト、シャキシャキレタス、グリルしたスモーキーなベーコン、クリーミーなチェダーチーズなど様々な素材を使用。3種のスパイスと甘みのあるソテーオニオンが入ったこだわりの炙り醤油風味ソースは日本ならではの味わいで、「日米の味覚の融合」を表現したやみつきになるボリュームたっぷりのバーガーです

「1955スモーキーアメリカ」

マクドナルド世界第1号店がオープンした1955年当時のアメリカをイメージして作られた、シンプルでありながらどこか懐かしさを感じさせる味わい深い正統派バーガー。ジューシーでボリュームたっぷりの1/4ポンドビーフパティに、トマト、オニオン、シャキシャキのレタス、グリルしたスモーキーなベーコンなど様々な素材を使用。トマトペーストやマヨソースなどを合わせたスモークの香りが特長的な1955ソースと、ケチャップが決め手のアメリカンな味わいがクセになる、ボリュームたっぷりなバーガーです。

 

頭文字の数字は年代を表していたのですね!(なんとなく予想はできてましたが・・・)

実際に食べてみた

実際に買ってきました!

@実際に買ってきた
「1971炙り醤油ジャパン」と「1955スモーキーアメリカ」

包装用紙が新聞になっています。おしゃれで面白い発想ですね(´・ω・`)

炙り醤油ジャパンを食べてみた

まず初めに、炙り醤油ジャパンを食べてみました。

@炙り醤油ジャパン その1
1971炙り醤油ジャパン

 

@炙り醤油ジャパン その2
1971炙り醤油ジャパン

炙り醤油ジャパンの味についての感想です。

ひとことで言うと、「ザ・和風テイスト!」です。醤油の甘みとビーフの相性が絶妙です。トマトの酸味との相性も絶妙です。

オイシイლ(´ڡლ)

スモーキーアメリカを食べてみた

続いて、スモーキーアメリカを食べてみました。

@スモーキーアメリカ その1
1955スモーキーアメリカ

 

@スモーキーアメリカ その2
1955スモーキーアメリカ

ビーフのスモーク感はあまり感じられませんでしたね・・・。

でも、ソースが美味い!!酸味が効いてます。

画像だと見えませんが、玉ねぎのシャキシャキ感も素晴らしいです。

オイシイ(๑´ڡ๑)

どちらが美味しいのかというと

正直言って、どちらも美味しいです。

どちらも美味しいのですが、強いてどちらが美味しいのかというと・・・

 

1955スモーキーアメリカです!!!

肉々しい感じがとっても良いです(๑´ڡ`๑)

炙り醤油ジャパンも美味しいのですが、どちらかと言われれば私はスモーキーアメリカの方が好きです。

 

ノシ

 - 食べ物・グルメ