meideru blog

meideruが書いているブログです。主に電子工作・プログラミング・ガジェット類などを中心に記事を書いています。

新しく応募したプログラマのバイトの採用結果

      2016/11/07

ついこの前、新しくプログラマのバイトに応募してみたという話をしました。

新しくプログラマのバイトに応募しました!
新しくプログラマのバイトに応募しました!「新しく」ということは、昔やっていたという意味です。 今日は、新しく応募したプログラマのバイトについて書こうと思います!新しく応募したプログラマのバイトの仕事内容「プログラマ」と言っても色々な種類があり...

 

応募したバイトはWeb系のプログラマのバイトです。

今日は、面接に行ってきたので、その採用結果を記事に書きます。

バイトの概要

業種

Web系のプログラマです。PHPを中心に使うバイトです。

時給

時給は1,800 ~ 2,800円で、能力に応じて変動します。

とても高額なバイトです(*´ω`*)

勤務先

都心のどこか、とだけ言っておきます。

身バレが怖いので、それ以上は言えません(; ・`д・´)

面接までの過程

今日、面接をしてきたわけですが、いきなり面接まで漕ぎ着けたわけではありません。

メールで応募 → どの程度の実力なのか知りたいから自信のあるソースコードを提出してくれと言われる → ソースコードを提出 → この会社で働ける実力はあると思われるので面接をしようと言われる → 面接

という過程でした。

ソースコードは1つで良いと言われたのですが、たくさん送りました。

  • C言語で書いたオセロのソースコード
  • C++で書いているコンピュータ将棋のソースコード(開発中)
  • C++でWIN32APIを使って書いた住所録のソースコード
  • C#でUnity向けに書いた3Dテトリスのソースコード
  • PHP(とHTML)で書いた電子掲示板みたいなソースコード
  • C言語で書いたPICマイコン向けのソースコード

などを送りました。

そしたら翌日メールが送られてきて、「働ける見込みがあるので面接をしましょうと言われました。

採用結果について

採用結果

採用結果は・・・

不採用でした(>_<)

理由

端的に理由を言うと、大学3年では卒業までに働ける時間が短すぎるからです。

面接の始めに、卒業後の進路はどうするのかと聞かれたので、就職するかもしれないし大学院に行くかもしれないと答えました。

もし就職となれば、働ける期間は1年半くらいになる計算です。しかし、この1年半という時間を丸々バイトに充てられるわけではありません。来年は就活や研究室が待っています。

また、面接官からは、自分の知識・技術はソフトウェア開発や組み込み開発に寄りすぎていて、Web開発をするには少々勉強しなければならないと言われました。

以上のことを全て考慮すると、私が卒業までに会社に貢献できる時間は限りなく短くなってしまいます。これが理由です。

面接官との会話

面接官(代表取締役)「送ってもらったソースコード拝見させてもらいました。」

面接官(代表取締役)「ソフトウェア開発や組み込み開発などは詳しいようですが、Web開発はほとんど経験がないようですね。」

俺氏「そうですね。PHPを使ってデータベースを操作できるようなプログラムは書いたことがあるのですが、それくらいで他は特にありません。」

面接官(代表取締役)「うちはWeb開発(グループウェア開発)の会社なので、基本的にはソフトウェア開発も組み込み開発も、ほとんど役に立ちません。」

俺氏「やはりそうですか・・・。」

面接官(代表取締役)「でも、ここまでプログラミングできる技術があるのならば、うちで働ける余地はとてもあると思います。」

俺氏「!!」

面接官(代表取締役)「しかし、即戦力にはなりませんのでWeb開発については勉強しなければなりません。」

俺氏「ですよね・・・。」

面接官(代表取締役)「就職か大学院進学かわからないということでしたね。もしも来年就活するとなると、我が社があなたにWeb開発の勉強時間を投資しても、最終的に働ける時間が短くなってしまうので、(あなたに与えた勉強時間という)投資を回収できなくなってしまいます。」

俺氏「(もっともな意見だ)」

面接官(代表取締役)「大学院進学ならば、まだまだ先は長いので、あなたに勉強時間を費やしても我が社は投資を十分回収できると思います。」

面接官(代表取締役)「大学院進学!と明言していただけるのであれば、採用となるのですがねぇ・・・。」

面接官(代表取締役)「もしも俺氏さんが大学2年生だったら即採用だったんですけどねぇ・・・。」

俺氏「・・・。」

面接官(代表取締役)「・・・。」

俺氏「じゃあ、もしも大学院進学が決まったら、また私から連絡を差し上げるということで(応募するということで)」

面接官(代表取締役)「そういってもらえるとありがたいです!」

↑こんな感じのやり取りでした!

 

割愛しましたが、これまでにやったことなどは詳しく聞かれました。作ったオセロのアルゴリズムや、組み込み開発についてなどです。

感想

面接官はとても優しかった

面接官はとても優しかったですね。本当にビックリするほど優しかったです。

バイトの面接なのに、お茶まで出してくれました。こんなの初めてですw

また、やったことや興味のある技術などの話を親身になって聞いてくれたので、それだけで行ったかいがありました。

オフィスは狭かった

思っていたよりもオフィスは狭かったですね。

実は、今回応募した会社は親会社のスタートアップ企業です。なので、親会社のオフィスは立派で、この会社のオフィスは狭いのかもしれません。

まとめ

しばらくバイトは探さないと思う

しばらく、バイトは探さないと思います。

今回は、興味のあるバイトを見つけたので応募しただけです。

別に特にお金に困っているわけではないので、急いでバイトを探す必要もありません。

次のバイトはソフトウェア開発か組み込み開発をやりたい

応募してからこんなことを言うのもよくないですが、正直言って、プログラマのバイトに興味があっただけで、Web開発には特に興味がありません・・・。

次探すのであれば、ソフトウェア開発か組み込み開発を探したいと思います。

 

以上!

ノシ

↓次の記事↓

明日、2件目のプログラマのバイトの面接に行ってきます(@_@)
また懲りずに明日もプログラマのバイトの採用面接に行ってきますw 以前、プログラマのバイトに応募して不採用になったという話をしました。明日、別のプログラマのバイトの面接に行くことになりました。これで2件目です。今日は、そのことについて記事を書こ...

 - 日記, プログラミング