meideru blog

meideruが書いているブログです。主に電子工作・プログラミング・ガジェット類などを中心に記事を書いています。

新しいプログラマのバイトに2日間出勤した感想!

      2016/11/26

最近、新しいプログラマのバイトを始めたという記事を書きました。

明日、2件目のプログラマのバイトの面接に行ってきます(@_@)
また懲りずに明日もプログラマのバイトの採用面接に行ってきますw 以前、プログラマのバイトに応募して不採用になったという話をしました。明日、別のプログラマのバイトの面接に行くことになりました。これで2件目です。今日は、そのことについて記事を書こ...
2件目のプログラマのバイトの採用結果(*_*)
昨日、2件目のプログラマのバイトの面接に行ってきました(*'▽') 昨日、面接を受けたのは、ソフトウェア開発のエンジニアのバイトです。実際にソフトウェア開発に携わることができます。今日は、その面接の採用結果を書きたいと思います。面接を受けた...

 

@働いているIT企業のイメージ画像
働いているIT企業のイメージ画像

 

大学生(3年)ですが、一応、プログラマとしてバイト採用されました!(^^)!

一昨日と昨日の2日間出勤しましたので、今日は、今働いている会社の雰囲気などを書きたいと思います(>_<)

働いている会社について

主に画像処理用のソフトウェアを開発している会社です。

身元がバレると怖いので、それ以上は言いません。。。

この会社で「プログラマ」として働かせてもらえることになりました!雇用形態は学生なのでバイトです。

詳しくは上記の関連記事をご覧ください。

2日間でやらされたこと

上司からは、実際にコーディング(プログラムのソースコードを書くこと)をする前に、2つのことを習得してくれと言われました。

  1. Gitの習得
  2. Jenkinsの習得

の2つです。

Gitの習得

Gitとは、プログラミングをしたことがある方はご存知だと思います。

バージョン管理システムことです。ソースコードを過去に遡って戻したいときなどに有効です。また、大人数で作業するときなどにも絶大な効果を発揮します。

Gitの勉強をしようと思う
最近は自分のプログラミングスキルも向上してきて、自由にアプリケーションなんかも開発できるようになってきました。【関連記事】・【朗報】大学生俺氏、IT系の会社でバイトする模様・大学生がIT系の会社のバイトの初出勤で思ったこと・IT系のバイトでプログラミン...

 

コーディングする際には必須のツールであることは間違いありません。少なくともIT企業の開発部門では必ず導入しているかと思われます。

 

Gitには大きく分けて2つの使い方があります。

 

1つ目はコマンドを打ち込んで使うやり方です。

Gitは元々、Linuxのカーネルのソースを管理するために開発されたので、コマンドで操作することが可能です。

しかし、このやり方だと習得するのが難しい上に、直感的に操作することができません。

それを解決したやり方が2つ目です。

 

2つ目は、SourceTreeというソフトウェアを使ってやるやり方です。

SourceTreeを使えば、コマンドなどの難しい操作を省いて直感的に操作することができます。

 

私は、後者のSourceTreeを使うやり方でGitを学んだのですが、前者のコマンドを操作して使うやり方はやったことがありませんでした。

(余談ですが、SourceTreeを使って学ぶならば以下の本がおすすめです。)

 

上司からは、Gitをコマンドでも操作できるようにしておけ、と言われたので、改めて学習することになりました。

Jenkinsの習得

上司から言われたことの2つ目はこれです。Jenkins(ジェンキンス)の習得です。

恥ずかしながら、私は聞くまでJenkinsというツールを知りませんでした。

Jenkinsとは継続的インテグレーションのためのツールです。

こういう言い方をすると難しく聞こえますが、わかりやすく言うと、「サーバ側でプロジェクトを一定間隔でビルドするためのツール」のことです。

どういうことかと言うと、サーバのリポジトリ(ソースコードのバージョンを保存する空間)にプロジェクトをプッシュ(アップロード)すると、サーバ側で自動的にプロジェクトをビルドして、成功したか失敗したかを各々のユーザにメールで教えてくれるのです。

また、ビルドするタイミングを一定間隔に設定したり、負担軽減のために分散してビルドすることなども可能です。

これらはすべて、ソフトウェアの早期開発に貢献します。

 

上司からはこれら2つのことを習得してくれと言われました。

サーバの構築からやらされた

てっきり、用意してあるサーバで学習しろ、ということなのかと思っていたら

なんと、サーバの構築から勉強しようか!という命令が下されました!!

めんどくさい(/・ω・)/!!!

 

唯一の救いは、指定されたサーバのOSがCentOS7だったことです。このOSは私が自宅サーバとVPSで使っているOSと全く同じものです!

あ、因みに私はLinuxの勉強はそこそこしたことがあります。ジャンクpcを格安で購入して、なんちゃって自宅サーバも構築したことがありますし、桜インターネットでVPSを借りて遊んだりしています(*‘ω‘ *)

(余談ですが、私がLinuxの勉強に役立った本は以下の2冊です。)

Linux(CentOS)の入門に役に立った本
色々と勉強してCentOS かなり扱えるようになりました。基本的なことならば、一通りできるようになりました。例えば、以下のようなことができるようになりました。 CentOS(Linux)のシェルの操作(コマンドなど) データベース(MySQL)の構築 Webサーバの構築(A...

 

経験はあるので、サーバの構築はすぐにできました!

肝心のJenkinsの取得はまだですw

勉強会にも出席しろと言われた

これはちょっとビックリしました!

バイトでも勉強会に出させてくれるんですね!

まぁ勉強会と言っても社員がコミュニケーションをとるための雑談みたいなものですがw

もちろん、私は自ら発言したりはしませんでしたよw

というか入社1日目から出来るわけないwwwww

相談できる人ができてよかった

私の周りには電子工作やプログラミング、こういったサーバ関係について詳しい人が1人もいません。

電子工学・情報工学系の大学に通っているのにも関わらず、こういった人が1人もいないのです。

わからないことなどがあったら、グーグル先生などに聞いて解決していました。

しかし、今回からはそういった人たちができました。それは、上司です。

彼らはこういったことに精通しているスペシャリストであり、大抵のことは知っています。これからは、彼らに相談しようと思います。

自由な会社である

とても自由な会社です。

バイトは6人ほどいるのですが、やっていることは人それぞれです。

ある人はディープラーニングの勉強などやらされていました。

おそらく、私も「ディープラーニングの学習をやりたい!」と上司に言えば、やらせてもらえるのではないかと思います。

そういった意味で言えば、とても自由な会社であると言えます。

まとめ

率直に言って、今のところ、このバイトは素晴らしいと言えます。

今のところはね・・・w

まだ2日間しか働いていないので、今後次第で気持ちが変わるかもしれません。

今のところは新しい知識を身につけながらお金を貰えるなんて最高なんじゃないかと思っています。

 

以上です。

ノシ

 - 日記, プログラミング