meideru blog

meideruが書いているブログです。主に電子工作・プログラミング・ガジェット類などを中心に記事を書いています。

Visual C++ の入門にオススメの本

   

今だとWindowsのアプリケーションはC#で開発する人も多いかもしれませんが、依然としてVisual C++で開発する方もたくさんいます。

 

プログラミング

 

私も最近、Visual C++の入門をしましたので、今日はその時に使用した本をご紹介したいと思います。

何故、C#ではなくVisual C++でアプリケーションを作るのか

単刀直入に言うと

「C#よりもC++の方が自由が効くから」

というのが答えでしょう。

特に熟練したプログラマほど、そう答えると思います。

C#はメモリの管理などもガベージコレクションでコンパイラが適切に管理してくれる反面、自由が効かないというデメリットがあります。

一方、C++はメモリはプログラマが管理しなければならないが、自由が効くというメリットがあります。

熟練したプログラマであれば、当然、ポインタなども難なくこなすことができるので、C++で書いた方が良いというわけです。

オススメの本

Visual C++に関する本

オススメの本はこちらです。

アプリを作ろう! Visual C++入門 Visual C++2015対応」という本です。

この本は薄くて読みやすいです。

これで全てが理解できるわけではないですが、大まかな流れは掴めますので、あとはグーグル先生に聞けば問題は解決できるようになるかと思います。

C++に関する本

C++に関する本も一応、ご紹介しておきます。

オススメなのは「新版 明解C++ 入門編」という本です。

私はこの1つ前のシリーズの本で勉強しましたが、こちらの新版も内容は同じなので問題ありません。

とても分厚い本ですが、C++を本格的に学ぼうと思ったら、これくらいの厚さになります。

C++はC言語と同じくらい、情報工学においては基本なので、しっかりと学んだ方が良いと思います。

この本は、サンプルプログラムも多く、解説も解りやすさを重視している良本です。

(余談ですが、Visual C++で使うのはC++ではなく、C++/CLIという言語です。しかし、若干の違いはあるものの、似たような記述なので、C++の本は十分参考になると思います。)

まとめ

ちなみに、私はC#でもWindowsアプリケーションが書けるようになるため、そちらの勉強もしています。

その本も後日、ご紹介しますね( ´∀`)

 

以上です!

ノシ

 - プログラミング,