meideru blog

meideruが書いているブログです。主に電子工作・プログラミング・ガジェット類などを中心に記事を書いています。

Google Homeを1週間使ってみた感想

   

実は発売日(2017年10月6日)にGoogle Homeを購入しました!

 

Google Home

左のchromecastは、ビックカメラで買ったら無料でくれました。太っ腹ですよねw

かれこれ1週間ほど使用したので、レビューしたいと思います。

Google Homeとは

Google Home(グーグルホーム)とは、Googleが開発したスマートスピーカーのことです。

Googleアシスタントの固定スピーカーだと思ってもらえればいいです。

 

何ができるのかというと色々とできます。例えばこんなこととか。

価格について

価格は税別14,000円でした。

ビックカメラで購入したら無料でchromecastもくれました。まだ使用していないのでわかりませんが、連動できるようです。

もう結論から言っちゃいますが、14,000円でこのクオリティは素晴らしいと思います。値段以上の価値があります。絶対に買うべきです。

外見

@正面
Google Home@側面
Google Home@背面
Google Home

物理的なボタンは背面のマイクオフだけで、作りはとてもシンプルです。

音量調節は上の4つの光の部分をなぞると調節できます。もしくは「オーケーグーグル、音量を少し上げて!」みたいなボイスでも調整できます。

設定

設定は専用のスマホアプリでBluetoothを経由して行います。

私はiPhoneから行いました。当然、Androidからも可能です。

設定自体は簡単で、自分のGoogleアカウントと紐づけるだけです。すぐに終わりました。

Google Homeのある私の生活

私は3日間、こんな風にして使用しました。

昨日セットした時刻になるとGoogle Homeがアラームで起こしてくれます。

 

起きたらすぐに今日の予定を確認します。

私「オーケーグーグル!今日の私の予定は?」

Google Home「今日のカレンダーには1件あります。〇〇時からゼミです。」

 

その次にニュースを確認します。

私「オーケーグーグル!今日のニュースは?」

Google Home「最新のニュースをお伝えします。NHKラジオニュースから今日〇〇時のニュースをお送りします。」

すると、NHKのニュースを再生してくれます。

聞きたいことがあったら、とりあえずGoogle Homeに聞いてみます。

私「オーケーグーグル!トランプって何歳だっけ?」

Google Home「ドナルド・トランプは71歳です。」

 

寝る前にアラームをセットします。

私「オーケーグーグル!明日の7時に起こして!」

Google Home「7時にアラームをセットしました。」

 

就寝するときはニュースを聞きながら寝ます。

私「オーケーグーグル!ニュースを教えて。」

Google Home「最新のニュースをお伝えします。NHKラジオの〇〇時のニュースです(以下略」

 

3日間の主な流れはこんな感じでした。

わからないことを聞く

Google Homeはわからないことに答えてくれます。

 

私「オーケーグーグル!ここからイオンまでの距離は?」

Google Home「一番近いイオン〇〇店は〇〇にあります。車なら〇〇メートルです。」

 

私「オーケーグーグル!イオンの営業時間は?」

Google Home「〇〇のイオン〇〇店は7:00から22:00まで空いています。」

 

私「オーケーグーグル!大江健三郎って誰だっけ?」

Google Home「Wikipediaでは大江健三郎は日本の小説家とされています。」

 

私「オーケーグーグル!大江健三郎の出身大学は?」

Google Home「大江健三郎は東京大学を卒業しました。」

 

私「オーケーグーグル!1,200円はドルでいくら?」

Google Home「1,200円は役10.55アメリカドルです。」

 

とにかくすごい。なんでも答えてくれる。

しかし、そんなGoogle Homeにもわからないことはあります。

 

私「オーケーグーグル!一番良い車は何?」

Google Home「すみません。お役に立てそうにありません。」

 

車の良し悪しは人の判断基準によります。このように抽象的な質問には答えられないようです。

カレンダーの機能が便利

Apple端末でもGoogleカレンダーと同期できるのは有名な話です。

 

Google Homeはアカウントに紐づけられたGoogleカレンダーの情報を参照することができます。

つまり、iPhoneから入れたカレンダーの情報をGoogle Homeが答えてくれるように設定できるということです。

 

私「オーケーグーグル!明日の予定は?」

Google Home「明日のカレンダーには3件入っています。〇〇時の〇〇、〇〇時の〇〇(以下略」

 

これはすごい(´・ω・`)

音声認識の精度が相当良い

マイクの感度が良いので遠く離れたところから喋りかけても反応してくれます。

@左右の2つの穴がマイク
Google Home

そして、音声認識の精度はかなり良いです。大体の言葉は理解して答えてくれます。

スピーカーの音質が素晴らしい

14,000円と安価な値段なのでスピーカーの音質なんて全く期待していませんでしたが・・・。

@底がスピーカーになっている
Google Home
素晴らしいです。本当に素晴らしいです。クリアで綺麗な音です。

音楽プロパイダー(Google Play Music や Spotifyなど)のアカウントを結びつければ音楽を聴けるようなので、近いうちに試してみたいと思っています。

Chromecastとの連携にも期待

Chromecastと連携すればYouTubeの再生などもGoogle Homeを通してコントロールできるようになるそうです。

@Chromecast
Chromecastまだ使っていないのでなんとも言えませんが、これはかなり便利そうです。

使ってみたら記事を書きたいと思います。

調べるほどじゃないことを聞ける

Google Home の最大のメリットは調べるほどじゃないことを簡単に聞けることだと思います。

 

例えばテレビを観ていて「あれ、この女優は何歳なんだろう?」と思ったとします。

しかし、ポケットからスマホを出してロックを解除しブラウザを立ち上げフリック入力で女優名を入力しウィキペディアへアクセスしてまで調べたくはないとします。

 

そんなときにGoogle Homeがあれば・・・

私「オーケーグーグル!〇〇(女優名)って何歳?」

Google Home「〇〇は〇〇歳です。」

とパッと答えてくれるのです。

 

これは便利以外の何物でもない。

意外と低消費電力

Google Homeは「オーケーグーグル!」で反応するので、四六時中、音声認識の処理を行う必要があるわけです。

これはかなり電気を食うのではないかと思って調べてみました。

 

@ワットメーター
Google Home の消費電力調べてみたところ何もしていない状態で1.9W、質問に答えているときで2.1Wと低消費電力であることがわかりました。

1.9Wの状態で30日間使ったとしても1ヶ月間約37円とかなり安いです。

これなら電源入れっぱなしにしても問題なさそうです。

まとめ

買う価値ありです。これで14,000円は相当お買い得だと思います。

まだまだ使いこなしていない機能があると思われるので、進捗があれば記事に書きたいと思います。

 - ガジェット