meideru blog

家電メーカーで働いているmeideruのブログです。主に技術系・ガジェット系の話を書いています。

ウォークマンのメリットはゼロ。1カ月でスマホに戻った理由

      2019/09/09

Walkman NW-A45

 

音質とカッコいいデザインに惹かれて、去年、ウォークマン(NW-A45)を購入しました。

買った当初は、ウォークマンを外に持ち歩くのが楽しかったものです。

しかし、わずか1カ月足らずで使わなくなり、スマホで音楽を聴くスタイルに戻ってしまいました(;´・ω・)

一体、なぜなのでしょうか。その理由を書きたいと思います。

また、今の時代、スマホと比較したときに、本当にウォークマンにメリットがあるのかも考えてみたいと思います。

ウォークマンが良いと思った3つの点
=> 後に大したことないと気づく

冒頭でも話をした通り、去年、ウォークマン(NW-A45)を購入しました。

ソニーの最強ノイキャンヘッドホン(WH-H900N)と一緒に、ウォークマン(NW-A45A)を購入してました。  遅くなりましたが、簡単にレビュー記事を書きたいと思います。購入した理由購入した理由は2つあります。1つ目は、iPod nanoの代替機種としてです。@iPo...

 

スマホで音楽を聴くことが主流になっている今、わざわざウォークマンを購入した理由は3つあります。

  1. 良い音で音楽を聴きたかったから
  2. スマホのバッテリーを減らしたくなかったから
  3. スマホのメモリ容量を減らしたくなかったから

どれもウォークマンならではの強みだと思ったのですが、少し使ってみて、違うと感じました。

1. 良い音で音楽を聴きたかったから

スマホと聞き比べてみると、確かにウォークマンの音は良いです。

通常音源をハイレゾ相当にアップスケーリングできる「DSEE HX」という機能が備わっており、この機能を使うと、確かにクリアな良い音になります。

しかし、感動するほど良い音質になるかと言われると、それはNOです。心の底から「すごい!!」と言えるほどではないです。

使っていくうちに「これだけの音質のために、わざわざ「音楽専用機」としてのウォークマンを持ち歩くのは面倒だ」という率直な感想を抱くようになりました。

スマホの音質はウォークマンに比べると劣りますが、これでも十分満足できるレベルなんですよね。。。

頭の中で「手軽さ」 > 「音質」 という式が成立し、スマホで音楽を聴くスタイルに戻りました。

 

話は変わりますが、ハイレゾ音源に関して。

スマホと比較すると圧倒的に良い音質です。

ハイレゾ

しかし、ハイレゾ音源は入手するのが難しいです。1曲あたりの値段が高額ですし、対応している楽曲の数が少ないです。

※ハイレゾ音源は1曲あたり500円程度です。

 

音質に期待して購入したのですが、思い通りにはならなかったというのが率直の感想です。

2. スマホのバッテリーを減らしたくなかったから

iPhone バッテリー

ウォークマンで音楽を聴けば、スマホのバッテリーを長持ちさせられる、と思っていました。

しかしながら、結局のところ、ネットサーフィンや動画でスマホを使うので、バッテリーの減りはそんなに変わりませんでした。

バッテリーを大量消費するのは、音楽再生ではなく、ネットサーフィンや動画、ゲームなんですよね。

音楽を聴いたって聴かなくたって、別の用途でたくさん使うので、バッテリーは減ります σ(^_^;)

わざわざウォークマンを持ち歩くくらいなら、Ankerの格安モバイルバッテリーを持ち歩いた方が良いことに気づきました。

3. スマホのメモリ容量を減らしたくなかったから

スマホに大量に音楽を詰め込むと、容量が一杯になってしまうのは事実です。

しかし、この問題は、今主流のストリーミングサービスを上手く活用すれば、簡単に解決できます。

Apple Music vs Spotify

よく聴く音楽をスマホにダウンロードすれば良いだけの話です。

また、定額で聞き放題になるので、一石二鳥です。

ソニーが主張するウォークマンのメリットに優位性はない

実際に1ヶ月間、ウォークマンを使ってみて感じたのは「今や、ウォークマンにメリットはない」ということです。

公式サイトには、ウォークマンのメリットとして、以下の5つが挙げられています。

じっくりと読んでみると、どれもイマイチな理由で、わざわざウォークマンを購入して持ち歩くほどではないと感じます。

1. スマホのバッテリーをキープできる

ウォークマンのメリット

ウォークマンを持ち運ぶくらいなら、Ankerの格安モバイルバッテリーを持ち歩いた方が良いです。

そうすれば、電話やメールもできますよ。

2. ポケットに入れたままでも操作できる

ウォークマンのメリット

一体なぜ、ポケットに手を入れて本体のキーで操作しようとするのか・・・?

リモコン機能付きのイヤホン/ヘッドホンを使えば、本体のキーなど必要ないです。

実際、それで困ったことは、一度もありません。

3. スマホでゲームしているときでも音楽を聴ける

ウォークマンのメリット

最近のスマホゲームは、BGMやSEの大きさをコントロールできるものがほとんどだと理解しています。

一度、設定すれば、再びゲームアプリを立ち上げたときも、再生中の音楽が優先されると思います。

※パズドラやモンスト、グラブルなどはそのような作りになっています。

対応していないゲームでも、アプリを使えば、音楽を聴きながらゲームをプレイすることも可能です。

スマホゲームをやりこんでいると、原曲BGMに飽きて違う曲が聞きたくなる時ってありません? ゲームの設定でBGMや効果音の調整が出来るゲームもありますが、ゲームごとにいちいち設定し直すのもめんどくさいですよね 今日はスマホゲームでBGMに好きな曲を聞きながらプ...

4. 音楽をたくさん入れても大丈夫

ウォークマンのメリット

Apple Music や Spotify のようなストリーミングサービス上手く活用すれば、メモリの容量など全く気になりません。

よく聴いている音楽をスマホにダウンロードすれば良いだけの話です。

また、定額で聞き放題なので、加入すれば一石二鳥です。

5. スマホよりも音質が良い

ウォークマンのメリット

確かに、良い音だと感じます。

しかし、スマホと比べて、ウォークマンの音質が抜群に良いかと言われると、それはNOです。

これだけの音質のために、わざわざ「音楽専用機」としてウォークマンを持ち運ぶのは、面倒だと感じます。

大多数の人が、私と同じように「音質」よりも「手軽さ」を選ぶと思います。

スマホと比較したときのウォークマンの致命的なデメリット

楽曲を入手してPCから入れなければいけない点です。

致命的なデメリットです。
これが最も面倒で、ウォークマンを使うのをやめてしまいましたσ(^_^;)

音楽を聴くためには、CDをレンタルしてくるか、楽曲をダウンロード購入しなくてはなりません。その次に、PCを立ち上げてUSBケーブルをつないで専用ソフトから転送…

「めんどいんじゃああああああああ!!!」

スマホであれば、ストリーミングサービスを活用して定額聞き放題です。PCを経由する必要も一切ありません。

米津玄師のように聞き放題でない曲があれば、その都度、オンラインで購入すればいいのです。この操作もスマホで完結できるので、PCを使う必要は一切ありません。

一度、この便利さを体験すると、もうウォークマンを使う気にはなれませんσ(^_^;)

結局、どうやって音楽を聴くのが最強なのか?

「スマホ」 + 「ストリーミングサービス」 + 「良いイヤホン/ヘッドホン」です。

音の出口であるイヤホン/ヘッドホンを良いものに買い換えれば、それだけで、見違えるほど音が良くなります。

WF-1000XM3

オススメのイヤホンは、最近、発売されたソニーのWF-1000XM3です。

  • ハイレゾ相当へのアップコンバーターを搭載
  • ノイズキャンセリング搭載
  • 左右独立で安定した接続を実現
  • 最大6時間連続再生可能

まさに欠点と言えるような欠点が見当たらないイヤホンです。

売れすぎて入手しづらい状況が続いています。
(2019年8月現在)

これを持っているだけで、通勤時間や作業時間が楽しくなると思います。

まだ良いイヤホンに出会っていない方はぜひ、購入してみてください。

まとめ

音質とデザインに惹かれて、ウォークマンを購入しましたが、結局使わなくなってしまいました。

よほど音質にこだわりがある人でない限り、ウォークマンを買っても使わなくなってしまうと思います。

理由は、スマホで音楽を聴く「手軽さ」には勝てないからです。

今の時代、最も音楽を聴くのに適したスタイルは

「スマホ」+「ストリーミングサービス」+「良いイヤホン/ヘッドホン」

だと思います。

 - ガジェット