meideru blog

meideruが書いているブログです。主に電子工作・プログラミング・ガジェット類などを中心に記事を書いています。

【朗報】大学生俺氏、IT系の会社でバイトする模様

      2016/11/07

しばらくバイトすることになりました( ´ ▽ )ノ

もちろん、特定が怖いので企業名は避けます。でも、セキュリティ系のIT企業だということは明かしておきます。

最初は人工知能を開発している企業でバイトとして働こうと思ったんですが、日程が合わなかったので諦めました。

大学生だけどプログラマのバイトをやろうと思う
ちょっと前に「カフェでバイトする!」という内容の記事を書きました。 やっぱり撤回します( ;´Д`) カフェのバイトに応募するのはやめました( ;´Д`)撤回した理由興味がないからです!(キッパリよくよく考えてみたらコーヒーなんて全く興味がありません。...

 

いわゆるベンチャーってやつです。ブラック臭が半端ないですけどね笑。

応募したきっかけ

今まで数々のバイトをしてきました。しかし、どれも長続きしませんでした。

私が今までにやったバイト その1
私は大学の友達からは「大学生ニート」と揶揄されます(^_^;) 彼らは電子工作やプログラミングに時間を費やす姿しか見ていないからそう呼ぶんでしょうねwでも実はこう見えても人並みにバイトはしてきたつもりです。この記事では思い出話も兼ねて今までにやってきたバ...
私が今までにやったバイト その2 最終回
【関連記事】・クズな私が今までにやったバイト その1昨日の記事の続きです。今までにやってきたバイトは パン工場のコンベア作業(夜勤、短期) 生協の倉庫の仕分け(短期) スーパーの品出し レストランの厨房 家電量販店の接客です。残りは「レストランの厨...

 

理由は「どれも興味がなかったから」だと思います。

スーパーの品出しも興味がないし、飲食の厨房も興味がないし、契約作業も全く興味がありませんでした。だから続かなかったのでしょう。

ということで、興味のあるバイトに応募することにしました。その結果、IT系の企業のバイトに応募しました。

作業内容

面接の時に言われたのは、基本的にプログラミングはやらせてもらえないということです。

俺氏「えー( ;´Д`)」

ちょっと残念です。むしろこれをやらせてもらえると思って応募したのに・・・。

でも、「基本的に」ということはやらせてもらえることもあるんですよね・・・?期待していいですかね・・・?

(飽きてしまったら速攻でやめます。。。)

面接の内容

企業の所在地は都心で本社のビルで面接をやりました。

履歴書不要・学生書持参・筆記用具持参・服装自由とのことでした。

(以下は面接でのやり取り)

面接時間の14:00に会社に到着しました。

向こうから若い2人の男性社員がやってきました。見た目は学生バイトっぽかったですが、社員でした。

(以下では2人の社員をそれぞれ面接官A、面接官Bとする)

 

面接官A「こんにちわ。それでは面接の方を始めましょう。こちらの部屋へどうぞ」

俺氏「はい(やや緊張)」

面接官A「まずは学生証をよろしいでしょうか」

俺氏「はい(やや緊張)」

面接官A「それと、こちらをご記入ください(紙を渡す)」

 

渡された紙には大学名・学部・交通費を記載する欄がありました。

 

俺氏「(記入っと・・・)」

俺氏「できました」

面接官A「それではこれより面接を始めさせていただきます。」

 

面接官A「まず、何故このバイトに応募されたのですか?」

俺氏「プログラミングにとても興味があるから応募しました。」

面接官A「なるほど、大学とかでもプログラミングは習いましたか?」

俺氏「はい、大学ではC言語を勉強しました。その他に家でもオセロのAIを作ったり、Unityでアプリを作ったことがあります。」

面接官A「なるほど・・・。基本的にバイトではプログラミングは行わないんですが、それでもよろしいでしょうか・・・?」

俺氏「(えっ・・・)」

俺氏「は、はい。大丈夫です。」

 

募集要項をよく読んでいませんでした。改めてよく読んでみると、「プログラミングを行う」とはどこにも書いてありませんでした(^_^;)

でも、「基本的に」ということは、「やる可能性はある」ってことですよね!?

 

面接官A「わかりました」

面接官A「色々ある会社の中で弊社に応募した理由はなんですか?」

俺氏「学生アルバイトが多いと聞いたからです。働きやすいかなと思いまして。」

面接官A「なるほど。」

 

面接官A「大学3年生ということですが、卒業後の進路はどうされるんですか?」

俺氏「具体的には決まってないです。大学院に進学するかもしれません。」

面接官A「なるほど。」

 

面接官A「大学院に進学するとなると、どういった方面へ進むつもりですか?」

俺氏「情報工学か半導体の方面に興味があるので、その方向だと思います。」

面接官A「なるほど。」

 

面接官A「弊社での採用が決まった場合、どれくらい働かれるつもりですか?」

俺氏「1年くらいは働きたいと思ってます。」

面接官A「なるほど。。。」

 

面接官A「今までにはどういったアルバイトを経験されてきましたか?」

俺氏「色々とやってきました。例えば、家電量販店でPCを販売する仕事とかもやりました。お客様にPCを紹介する仕事です。」

面接官A「それは凄いですね。」

 

面接官A「面接は以上です。では、採用ということで・・・」

俺氏「ありがとうございます。(はやっw)」

 

予想外に採用が速かったのでビックリしましたΣ(・□・;)

 

面接官A「面接官Bさん、何か質問はありますか?」

面接官B「使っているPCは自作ですか?」

俺氏「はい。自作です。」

面接官B「ありがとうございます。」

 

面接官Bが初めて喋った!!

 

こんな感じで面接が終了しました。

初出勤の時に必要な書類(履歴書、住民票、通帳の口座番号)を持ってきてくれと言われました。

その後、本社を案内されました。いかにもベンチャー企業らしいオフィスでしたね。

とりあえず働いてみようと思います

プログラミングはやらせてもらえるか分からないとのことでしたが、とりあえず働いてみようと思います( ´ ▽ )ノ

嫌になったらすぐに辞めます。。。。

 

以上です。

ノシ

PS
面接官Bは必要だったんだろうか・・・w

↓次の記事↓

大学生がIT系の会社のバイトの初出勤で思ったこと
前に記事に書いた通り、今はIT系の会社でバイトしています。業種はアンチウイルスソフトなどを作成するセキュリティ系の会社です。【関連記事】・大学生だけどプログラマのバイトをやろうと思う ・【朗報】大学生俺氏、IT系の会社でバイトする模様 実は、昨日が初出...

 - 日記, プログラミング