meideru blog

meideruが書いているブログです。主に電子工作・プログラミング・ガジェット類などを中心に記事を書いています。

Appleの12個の失敗製品

      2016/09/08

Apple(アップル)の躍進は本当に凄まじいですよね(^o^)

Appleは素晴らしい製品をたくさん生み出しています。例えば、Macintosh、iPod、iPhone、iPad、iWatchなどなど・・・。

私はAppleが大好きです。Apple信者であると自信を持って言い切れます(^o^)/

しかし、そんなAppleも、これまでに失敗がゼロだったわけではありません。作ったものには失敗製品もあります。

今日は、私が思うAppleの失敗製品をまとめたいと思います。

Appleの失敗製品のまとめ

早速、まとめていこうと思います!

Hockey Puck(ホッケーパック)

Hockey Puck(ホッケーパック)は、マウスです。

@Hockey Puck(ホッケーパック)
Hockey Puck(ホッケーパック)

1998年に発売されたiMac G3 に付属されたマウスです。

見ての通り、とても奇妙な形をしていますよね。形がアイスホッケーのパックにそっくりなので、Hockey Puck という名前です。

握りくい上に、USBケーブルが短いという致命的な欠点があり、ユーザからの評判は大変悪かったです^^;

NewTon(ニュートン)

NewTon(ニュートン)は、携帯情報端末(PDA)です。

@NewTon(ニュートン)
NewTon(ニュートン)

 

1993年に発売された世界初のPDA端末です。手書き入力(タッチパネル)に対応した液晶パネルが備わっていて、単三電池4本で動きます。

主に3つの理由で失敗したと言われています。

1つ目は、価格です。下位モデルでも699ドルとあまりにも高価でした。

2つ目は、大きさと重さです。今のスマートフォンのように、軽くてポケットに収まるサイズではありませんでした。ユーザからは「レンガ」と酷評されていたようです。

3つ目は、手書き入力の認識率の低さです。NewTonは手書き入力を売りにしていたのにも関わらず、その機能があまりにも粗末で非難されていました。

QuickTake(クイックテイク)

QuickTake(クイックテイク)は、デジタルカメラです。

意外なことに、Appleは過去にデジタルカメラを販売していたんですね(・o・)

初代のQuickTake 100 は1994年に発売されました。

@QuickTake 100
QuickTake 100

@QuickTake 200
QuickTake 200

デジタルカメラの黎明期に発売された商品です。

しかし、採算が取れず、Appleに復帰したジョブズによって1997年に開発は中止されました。

Pippin(ピピン)

Pippin(ピピン)は、日本のバンダイと共同開発したゲーム機です。

@Pippin(ピピン)
Pippin(ピピン)

Appleが日本のバンダイと共同開発して1996年から発売していたゲーム機です。

インターネット回線を搭載するなど、時代を先取りしていました。

インターネット回線をいち早く搭載したゲーム機と言えば、ドリームキャスト(1998年発売)が有名ですが、それよりも早く発売されていたんですね。

「たまごっち」や「ドラゴンボール」、「ガンダム」といったソフトがあったようです。

バンダイは「Macの入門機」として販売戦略を行っていたのに対して、当のAppleは全く非協力な姿勢だったので、見事に大失敗しました。

世界でわずか4.2万台しか売れず、最も売れなかったゲーム機です。

因みに、PlayStation 4 は世界で4000万台売れています。(2016年現在)

PowerCD(パワーシーディー)

PowerCDは、1993年に発売されたCDプレイヤーです。

@PowerCD
PowerCD(パワーシーディー)

コンセプトは、ソニーの音楽プレイヤーの「ディスクマン」と似ています。

違う点と言えば、自社製品のPowerBookなどの周辺機器として使えたという点です。

しかし、当時は4倍速が主流であったのに対して、PowerCDは1倍速にしか対応していませんでした。

そういった性能不足もあって、失敗に終わりました。

Ping(ピング)

これについては最近なので、覚えている方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?(´・ω・`)

私は使っていなかったので詳しくは知りませんが・・・w

Pingは商品ではありません。サービスと呼んだほうが正しいでしょうか?

2010年にiTunesの一部として開始されたSNSサービスです。

登録すると、友人とプレイリストを共有したりすることができたようです。

このサービスを発表するとき、ジョブズは「FacebookとTwitterがiTunesに出会ったようなもの」と表現していました。

サービス開始から、わずか48時間で全世界100万人以上の登録者を集めるなど話題になりました。

しかし、FacebookやTwitterの勢いには勝てず、その2年後の2012年にサービスを終了しました。

Pingのサービスは、iTunesのFacebookやTwitterに統合されたそうです。

iPod Hi-Fi(アイポッド ハイファイ)

iPod Hi-Fi は、2006年に発売されたiPod専用のオーディオスピーカーです。

@iPod Hi-Fi(アイポッド ハイファイ)
iPod Hi-Fi(アイポッド ハイファイ)

350ドルで発売されたiPod専用のオーディオスピーカーです。

iPod装着時は、リモコンで操作できます。また、ACアダプタだけでなく、単一電池6本でも動作しました。

高価な上に、同価格帯の他社の製品に比べて性能(音質)が悪く、わずか1年で発売中止になりました。

Motrola Rokr(モトローラ ロッカー)

Motrola Rokrは、2005年からモトローラが発売していた携帯電話です。

初代iPhoneの発売が2007年なので、それよりも前の話です。

発売はモトローラですが、Appleが大きく関わっていたので、この記事でとりあげました。

@Motrola Rokr E1
Motorola ROKR E1

この端末には、携帯電話用のiTunesが内蔵されていて、パソコン上のiTunesと連携することができました。具体的に言うと、音楽を100曲まで端末に転送できたそうです。

当時発売されていた同社のiPod nano が1000曲までだったのに比べて、転送できる曲数が少なく、ユーザからの評判は良くなかったです。

iPhoneの大成功によって、この商品は完全に忘れ去られていますね^^;

Lisa(リサ)

Lisa(リサ)は、1983年に発売されたコンピュータです。

ジョブズの娘の名前にちなんで、Lisaと名付けられました。

@Lisa(リサ)
Lisa(リサ)

Lisaは当時、コンピュータとしては先進的な機能や操作性を備えていました。

しかし、動作速度の遅さや、日本円にして233万円とあまりにも高額だったので大失敗しました。

ジョブズがAppleを追い出された原因の1つは、この失敗だと言われています。

 

以上です!

どうでしたか!?

Appleも成功ばかりではなく、失敗もたくさんしてきました。

成功の影には失敗ありということでしょうか・ω・

 

ノシ

PS

全ての画像はWikipediaより引用しました。

 - ガジェット