meideru blog

meideruが書いているブログです。主に電子工作・プログラミング・ガジェット類などを中心に記事を書いています。

PHPとMySQLでブラウザから閲覧できる電子掲示板を作ってみた

      2016/08/03

最近、ウェブ開発のバイトに転職するためにPHPの勉強をしています(´・ω・`)

一通り勉強が終わったので、腕試しに電子掲示板を作ってみました。

今日は、そのソースコードを貼ろうと思います!

(注意:勉強を始めたばかりの素人が書いたため、セキュリティ上に大きな問題がある恐れがあります。このソースを使用する際は、自己責任でお願いします。)

作った電子掲示板の概要

仕様

1つのスレッドに書き込みしていくという単純な掲示板です。スレッドの作成はできません。

書き込む人は、ユーザ名と書き込み内容を指定できます。

デザインについて

デザイン部分は全く触っていないため、とても地味です。タグを付けてスタイルシートでいじればまともになると思われます。

@デザイン
デザイン

サーバ環境について

サーバはCentOS 7 でWebサーバはApache、データベースはMySQL(MariaDB)を使用しています。

ソースコード

ソースコードを貼る前に、データベースについて説明します。

データベースのカラムは、以下のように設計してあります。

 

では、ソースコードを順に貼っていきたいと思います。全部で5つから構成されています。

 

 

 

 

 

ソースコードは以上です。

ソースコードの解説

上でも説明した通り、5つから構成されています。

index.php

index.phpは、ユーザがアクセスするページです。

それぞれの機能は、ソース内でrequireで呼び出しています。

init.php

init.phpは、データベースに接続するためのスクリプトです。

一応言っておきますが、データベースの秘密情報はデタラメなので、公開しても問題無いです。

add.php

add.phpは、form.phpから送信されてきた情報を処理するスクリプトです。

具体的には、データベースにform.phpから送信されてきた書き込みを追加します。

view.php

view.phpは、書き込みを表示するスクリプトです。

殺風景ですが、スタイルシートで編集すれば、見栄えがもっと良くなると思われます。

form.php

form.phpは、書き込みを入力するスクリプトです。

送信先はindex.phpですが、requireされているのでadd.phpで処理します。

 

こんなところです!

 - プログラミング