meideru blog

meideruが書いているブログです。主に電子工作・プログラミング・ガジェット類などを中心に記事を書いています。

PICマイコン(16F648A)で7セグを試してみた

   

電子工作・マイコンに関する久しぶりの記事になります(*’▽’)

ここ最近はプログラミングの勉強をしていたので、全く手を付けることができませんでしたが、ある程度、目星がついたので再開していきます!

今日は、PICマイコン(16F648A)で7セグを試してみたので、記事に書きたいと思います!

目的

PICマイコン(16F648A)で7セグをカウントアップすることが目的です。

1 → 2 → 3 → 4 → 5 → 6 → 7 → 8 → 9 → 1 → (ループ)

といった感じに7セグをカウントアップしていきます。

使うもの

使うものは以下の通り

  • PICマイコン(16F648A)
  • 7セグ(OSL10561-LRA)
  • PICkit3(PICマイコンのライター)
  • ブレッドボード
  • ジャンパ線
  • 単三電池2本

@PICマイコン(16F648A)と7セグ
PICマイコン(16F648A)と7セグ

 

@PICkit3(ライター)
pickit3とアダプタ

回路・配線

(あまりにも簡単な回路なので、回路図はアップしません。)

PICマイコン(16F648A)と7セグ(OSL10561-LRA)のデータシートは以下のサイトです。

【データシート】
PICマイコン(16F648A)
7セグ(OSL10561-LRA)

 

データシートより、各々のピン番号をピックアップした画像をアップします。

@PICマイコン(16F648A)のデータシート
PICマイコン(16F648A)のデータシート

@7セグ(OSL10561-LRA)のデータシート
7セグ(OSL10561-LRA)のデータシート

7セグのピン番号とPICマイコン(16F648A)のピン番号を以下のように接続します。

(LED) – 7セグのピン番号 – PICのピン番号
A – 7 – RB5
B – 6 – RB4
C – 4 – RB2
D – 2 – RB1
E – 1 – RB0
F – 9 – RB6
G – 10 – RB7
DP – 5 – RB3

↓こんな感じです↓

@PICマイコン(16F648A)と7セグの接続図
PICマイコン(16F648A)と7セグの接続方法

普通、こういうときはブレッドボードに触れるくらい短い配線を使うのですが、あいにく、私は長いジャンパ線しか持っていません(;´・ω・)

醜いと思いますが、ご了承ください・・・orz

ソースコード

PICマイコン(16F648A)のコンパイラはMPLAB X IDE の XC8 を使用します。ちなみに無料で使えます。

ソースコードは以下です。

 

カウントアップする部分では、__delay_ms関数(マクロ?)を使用して1000ミリ秒つまり1秒待機するようにしています。

待機した後に、次のカウントにLEDを入れ替えます。

完成

完成しました。

動画をYouTubeにアップします。

@PICマイコンで7セグをカウントアップしてみた

 

以上です!

ノシ

 - 電子工作, プログラミング, マイコン