meideru blog

meideruが書いているブログです。主に電子工作・プログラミング・ガジェット類などを中心に記事を書いています。

「秘密 THE TOP SECRET」を観た感想

      2016/10/12

昨日、「秘密 THE TOP SECRET」という映画を観てきました。

この映画は漫画を原作とした邦画です。俳優は生田斗真さんや岡田将生さんなどが出演しています。

今日は、この映画を観た感想を書いていきたいと思います。

あらすじ

あらすじを公式サイトより引用して紹介いたします。

@公式ポスター
秘密 THE TOP SECRET

死刑になった父親の脳を見て、行方不明の娘を捜せ!

死んだ人の脳をスキャンして、記憶を映像化し、難事件の謎に挑む特別捜査機関「第九」。室長の薪(生田斗真)、新人捜査官の青木(岡田将生)らに、死刑囚・露口(椎名桔平)の脳を見て、行方不明の長女・絹子(織田梨沙)を捜し出すというミッションが与えられた。だが、モニターに映し出された記憶の映像に捜査官たちは息をのむ。

なぜ、死んだはずの少女は生きていたのか?

そこには刃物を振り上げる絹子の姿が映っていた。「第九」は刑事・眞鍋(大森南明)とともに捜査を続けるが、事態は急転、絹子が発見されれる。さらに絹子は、父親の犯行のショックから記憶喪失になっているというのだ。一方、眞鍋は、絹子と関係のあった男を突き止めるが、男は眞鍋の目の前で自殺。やがて同時刻に、全国で9人が自殺したことが判明する。

なぜ、つながるはずのない事件が次々と連鎖するのか?

なぜ、9人が同時刻に自殺したのか?謎を追ううちに、かつて日本を震撼させた凶悪犯・貝沼(吉川晃司)の存在が浮上する。貝沼は既に獄中で死亡。彼の脳の記憶を見た「第九」捜査官は次々と命を落としていた。薪の親友の鈴木(松坂桃李)も貝沼事件に関わったことで悲劇的な死を遂げていた。

なぜ、「第九」は<貝沼事件>を封印したのか?

絹子と貝沼ーなぜ?いつ?どこで二人はつながっていたのか?その手がかりは、貝沼の記憶を見た、鈴木の脳の中にあった。薪は鈴木の記憶を避けてきたのだが、覚悟を決め、鈴木の恋人だった監察医・雪子(栗山千明)に協力を依頼し、彼の記憶を再生する。そしてついに、鈴木が自分の命と引き換えにしてまで、守りたかった最大の<秘密>が明かされるーー。

「秘密 THE TOP SECRET」の公式ホームページより引用)

結論から先に述べます

いきなりですが、結論から先に述べたいと思います。

 

結論を述べると・・・

イマイチな映画ですね(;´・ω・)

 

「秘密 THE TOP SECRET」は漫画を原作とした邦画なのでフラグはビンビンに立っていたわけですが、見事に回収してくれました。邦画の悪いところが如実に出た映画だと思いました。

悪かった点は下のほうで述べます。

良かった点

良かったと思った点は1つだけです。

映像と音声の効果が素晴らしかった

映像と音声の効果が素晴らしかったです。

特に凄いと思ったのは音声ですね。

脳内を見るときに、相手の脳と自分の脳を接続するんですが、その時の効果音が凄まじかったです。最寄りの映画館の音響設備は良いほうだと思うので、よりそれが感じられました。

 

良かった点はこれだけです・・・。

悪かった点

個人的に思った悪かった点も1つだけでした。

結局、大した秘密はなかった

これに尽きます。

サブタイトルが「THE TOP SECRET」となっていますが、結局、大した秘密はありませんでした。

はっきりと言うと、中身がスッカラカンの映画だと思いました。

点数

私がこの映画に点数をつけるとすれば・・・

48点です( ;∀;!

もちろん、100点満点ですよ。

途中で飽きるとかはないのですが、観終ると、「なんだったんだろう?」というような映画です。

総評

イマイチな映画でした。冒頭でも言ったように、漫画を原作とした邦画の悪いとことが如実に出た映画だと思いました。

とりあえず、雰囲気だけはよくできてるけど中身はスッカラカンな映画です。

 

例えて言うと、玉ねぎのような映画ですね。

玉ねぎって何枚もの皮に包まれているから、中身には何か大切なものが入っているかのように思えますよね。しかし、すべての皮を剥いても中身は何もないのです。

この映画もそんな感じです。サブタイトルに「THE TOP SECRET」とついているので、すごい映画のように思いますが、時間をかけて観ても中身は何もないのです。

 

以上です!

PS
家族と観に行こうと思っている人は注意してください。ディープな内容ですので・・・(;´・ω・)

 - 映画・テレビ