meideru blog

meideruが書いているブログです。主に電子工作・プログラミング・ガジェット類などを中心に記事を書いています。

「素晴らしきかな、人生」を観た感想

      2017/04/01

昨日、「素晴らしきかな、人生(原題:Collateral Beauty)」を観てきました(*‘∀‘)

@素晴らしきかな、人生
素晴らしきかな、人生

 

久しぶりに切ない映画を観た気がします。

今日はレビューを書きたいと思います。

あらすじ

ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたハワード(ウィル・スミス)。

しかし彼は最愛の人を失い、深い喪失感に見舞われ、プライベートも仕事もやる気なし。会社も危ない。

同僚たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)もそんなハワードと会社を心配していた。

そんなある日、人生ドン底のハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン他)が突然現れた。不可思議な言動をハワードに投げかける年代も性別も異なる3人。しかし、その出会いによってハワードに徐々に変化が・・・・。

(引用元:http://wwws.warnerbros.co.jp/subarashiki-movie/story.html

ネタバレ

核心部分だけネタバレをすると、中盤あたりから登場する黒人女性がハワード(ウィル・スミス)の奥さんだった、というオチです。

感想

22歳の私には深すぎて理解できない

結婚もしてない子供もいない22歳の私には深すぎて理解できなかったというのが率直な感想です(^_^;)

映画の口コミサイトを見ると、多くの人は「泣けた」、「感動した」というレビューをしているようですが、私はそうではありませんでした。

感情移入できなかったからでしょう(^_^;)

点数

点数は・・・

69点

です。。。

まとめ

結婚して子供がいる人が観れば評価は全然違うのだと思います。

この映画はそういう人にオススメします!

 - 映画・テレビ