meideru blog

家電メーカーで働いているmeideruのブログです。主に技術系・ガジェット系の話を書いています。

Windows API (Win32 API) の基本テンプレートを書いてみた

      2018/11/01

Windows

Windows API (Win32 API) の基本テンプレートを書きました。

使いまわせます!

ぜひ、活用してください(^^)

Windows API の基本テンプレート

Windows API のテンプレートの解説

少しだけWindows API の関数や構造体について説明していきたいと思います。

WinMain関数について

WinMain関数は、C言語のmain関数にと同じです。最初に実行される関数です。

この関数が終了すれば、プログラムも終了です。

構造体WNDCLASSEXについて

ウィンドウの性質を格納する構造体です。

構造体のメンバに関する説明は割愛します。

RegisterClassEx関数について

ウィンドウクラスを登録する関数です。

構造体WNDCLASSEXで作ったインスタンスを引数として渡せば、ウィンドウクラスとして登録されます。

CreateWindow関数について

ウィンドウを作成する関数です。

ShowWindow関数について

ウィンドウを表示する関数です。

UpdateWindow関数について

ウィンドウを更新する関数です。

GetMessage関数について

メッセージを取得し、MSG構造体に格納する関数です。

MSG構造体はメッセージを格納する構造体です。

メッセージには、キー入力、クリックなど全てが含まれています。

WndProc関数について

メッセージを処理するための関数です。

直前に書いてある「CALLBACK」とは、コールバック関数のことで、システムから呼び出されることを意味します。

まとめ

関数や構造体についての説明は、かなりアバウトです。

Windows APIのテンプレートそのものは、ちゃんとしたコードなので、ぜひご活用ください(^_^)

 - 技術系