meideru blog

meideruが書いているブログです。主に電子工作・プログラミング・ガジェット類などを中心に記事を書いています。

「デッドプール」を観に行ってきました。~感想など~

      2016/09/18

宣言通り、デッドプールを観に行ってきました(^O^)

【関連記事】
映画「デッドプール」を観に行こうと思います

今日は、見た感想などを書いていこうと思います。

結論から述べると、面白いは面白いが、期待してたほど面白くなかった、というのが私の感想です(^_^;)

デッドプールを観てきました

デッドプールを観に行ってきました。

@なんやこのポーズはw
デッドプールのポスター

@ポップコーンも買いましたw
ポップコーン(ピザ味)

普段は映画館ではポップコーンなんて絶対に買いませんが、今回は、この映画に期待も込めて買いましたw

味は「ピザ味」です。珍しいですよね。

 

@チケット
デッドプールのチケット

あらすじ(ややネタバレも含む)

この作品はマーベルです。でも、スパイダーマンやアイアンマンなどといった正義のヒーローとは少し違います。

大まかなあらすじは

「主人公が恋人に出会う」→「主人公が末期がん」→「治療するために怪しい医者(正確に言えば医者ではない)に遺伝子を操作されて改造人間にされる」→「顔がメチャクチャになって恋人に会えなくなる」→「改造した医者を探して顔を治してもらおうとする」→「医者を見つけ出すも治療はできないと言われる」→「医者を○す」

みたいな感じの話です。かなり大雑把な説明ですが(^_^;)

もう少し細かく説明します。

主人公は元軍人で悪いことをしてお金を稼いでいる

主人公は元軍人です。不祥事によって除隊されたようです。

その後は暗殺などの悪い依頼を受けて生計を立てています。

主人公が恋人に出会う

主人公と恋人はバーで出会います。その後、お互いにかけがえのない存在になります。

主人公が末期がんであることが発覚

主人公と恋人が上手く行き始めた矢先、主人公が末期がんであることが発覚しました。

末期なので、治療は不可能です。

怪しいスーツ姿の男が接触してくる

末期がんと判明した直後、怪しいスーツ姿の男が主人公に接触してきます。

話の内容は、「治療する方法があるが、受けてみないか?」というものです。

主人公はこれを信じられずに、拒みます。

しかし、治療を受けることに

しかし、一転して、主人公は治療を受けることを決意します。理由は、恋人との別れが辛いからです。

そして、恋人の元を何も言わずに去って、治療を受けに行きます。

治療ではなく人体実験だった

治療を受けに行った場所は、それはとてもとても怪しい施設でした。

実際、それは治療ではなく、人体実験の施設だったのです。

主人公は人体実験を受けて酷い仕打ちを受けます。顔を含めて全身が焼けただれたような皮膚になりますが、不老不死の力を手に入れます。

その後、この施術を行った医者はバックレてしまいます。

皮膚を治療させるために医者を探そうとする

皮膚が焼けただれ、顔が見るに耐えない状態になってしまったので、恋人にも会えなくなります。

これを治療させるべく、この手術を行った医者を探しだす決意をします。

医者を発見するも治療はできないと言われ医者を○す

探しまくった結果、とうとう医者を発見します。

でも、皮膚は治せないと言われてしまいます。

そして、○します。

 

大まかなあらすじはこんな感じです^_^

感想や思ったことなど

とにかく下ネタが酷いw

まず思ったのことは、とにかく下ネタが酷いということですw

TED(テッド)もなかなかだと思いましたが、これはそれ以上ですw

R指定がついている理由がよくわかりましたw

グロテスクな描写が多い

グロテスクな描写が多かったですね~。普通に首が飛んだりします。

グロテスクな描写に耐性がない方は注意してください(^_^;)

ジョークがわかりにくい

率直に言って、ジョークがわかりにくかったです(^_^;)

だから、私はあんまり笑えませんでした(^_^;)

アメリカンジョークを日本語に訳しているので、よく分かりませんでしたね(^_^;)

アクションは凄い

アクションは凄いですね!

迫力があります!

点数

点数は

70点

です。

総評

面白かったです!

ただ、期待していたほどではなかったかな・・・というのが本音です^^;

興味がある方はぜひ見てみてください(´・ω・`)

 

ノシ

 - 映画・テレビ