meideru blog

meideruが書いているブログです。主に電子工作・プログラミング・ガジェット類などを中心に記事を書いています。

スパイダーマン:ホームカミング が最高過ぎる!

   

評判が良いので「 スパイダーマン:ホームカミング 」を観に行って来ました!

 

スパイダーマン:ホームカミング

最近見た映画の中ではかなり面白かったです!

スパイダーマン:ホームカミング について

あらすじ

以下はWikipediaより引用

ニューヨークでのアベンジャーズとチタウリの戦いの後、瓦礫撤去を任されていたエイドリアン・トゥームスは、トニー・スタークと政府が設立したダメージコントロール(損害統制局)によって職を奪われてしまう。行き詰まったトゥームスは政府に未提出だったチタウリの残骸を再利用してハイテク兵器を作り、密売することで利益を得ようと思いつく。

それから8年後、クイーンズに住む高校生のピーター・パーカーはアベンジャーズの内乱の際にトニー・スタークに見出される。ピーターはトニーに大きな活動領域こそ認められなかったが、彼によって開発されたスーツを貰う。自身の片思い相手リズが所属するアカデミック・デカスロン(英語版)(学力コンテスト)の部活動参加を疎かにする一方で、ピーターは「親愛なる隣人」スパイダーマンとして、街の犯罪行為を阻止するための活動に勤しんでいた。

ピーターはアベンジャーズへの参加など、ヒーローとしての大きな活躍を願っていたが、お目付け役のハッピーからは返事すら貰えない。そんなある日、街で見たことのないようなハイテク兵器を使うATM強盗団に遭遇する。その帰り、自室に忍び込んだピーターは親友のネッドにスパイダーマンであることがバレてしまう。翌日、成り行きからリズのパーティーに参加することになったが、不自然な発光を目にして現場に直行。そこでは件のハイテク兵器密売が行われていた。犯人達を追跡して捕らえようとしたところを、バルチャーとして飛来したトゥームスに阻止される。上空から落とされ、スーツに備えられていたパラシュートに絡まりながら湖に落水。トニーに遠隔操作されたアイアンマン マーク47が助けに来る。事態の収拾を訴えても聞く耳を持たないトニーに対してピーターはさらに不満を募らせる。一方、これまで順調だった兵器密売を邪魔されたトゥームスはスパイダーマンに対し殺意を抱き始めていた。

Wikipedia:スパイダーマン:ホームカミング

観た感想

主人公が高校生なのが驚いた

今までのスパイダーマンの映画「スパイダーマン1/2/3」、「アメイジング・スパイダーマン1/2」とのギャップが凄いですね。

主人公が高校生ということに驚きました。確かに他の作品(以下、他2作品と略す)でもピーターは高校生でしたが、卒業後の活動が中心に描かれています。

なのに本作品は高校生時代の活動が中心に描かれています。

高校生なのにアベンジャーズのメンバーであるという、中二病全開の作品ですw

主人公が間抜けすぎるwww

他2作品の主人公と比べると、本作品の主人公はあまりに間抜けですねw

まぁ高校生なので仕方ないのかもしれませんが・・・。

点数

点数は

87点

です。

普通に面白かったです( ^∀^)

まとめ

面白かったですね。とても良かったです。

なんなら今年観た映画の中では1番面白かったかもしれません。

皆さんも是非、観てください!

 - 映画・テレビ