meideru blog

家電メーカーで働いているmeideruのブログです。主に技術系・ガジェット系の話を書いています。

REALFORCEの値段って妥当なの!?1ヶ月間、使い倒してみた感想を書く

   

REALFORCE R2

ありがたいことに、今年も会社から冬のボーナスをいただきました (^^)

もらったお金で、仕事道具を購入しました。私は、プログラマーをやっているので、キーボードを1日に何回も叩きます。

購入したのは、東プレが発売している「REALFORCR(リアルフォース)」という高級キーボードです。

お値段なんと、2万円。一体、なぜ、こんなにも高いんでしょうかね。

今日は、REALFORCEの概要を説明しつつ、1ヶ月間、使い倒した感想を書きました。

REALFORCEってどんなキーボードなの?

REALFORCE R2

東プレが開発している高級キーボード

REALFORCEは、東プレが発売している高級キーボードです。

東プレの元々、金融機関でデータ入力に使用するキーボードをOEM供給している会社でした。特に、銀行の窓口で使用するキーボードでは、約7割のシェアを確保していると言われています。

そのノウハウを活かして、一般向けのキーボードであるREALFORCEを開発し、2001年に発売。当初は生産が追いつかず、秋葉原などのパソコンショップでは、入荷後に即完売になるほどの人気ぶりを見せていました。

発売から20年ほど経つ今でも、根強い人気があり、使用しているユーザーは多いです。

REALFORCEの特徴

REALFORCEには、下記の9つの特徴があります。
ここで細かく説明するのは二度手間なので、詳しく知りたい人は、下記の参考リンクをご覧ください。

  1. 静電容量無接点方式
  2. 指への負担が少なく疲れにくいタイピング設定
  3. 滑らかなキータッチ感
  4. ファンクションキーにより素早い操作が可能
  5. 高速入力に適したキー形状
  6. 途中で入力を止めても二重入力がない
  7. 同時押ししても全て入力される
  8. 荷重特性優先のシンプルな構造
  9. 指に優しいソフトタクトタイル

(参考: REALFORCEの特徴

多くのユーザーからカルト的な支持を受けている

私の部署のエンジニア39人のうち、半数以上の31人が、REALFORCEを使用しています。

「REALFOCEのどこが良いのか」と聞いてみると、下記のような答えが返ってきます。

「REALFORCEの滑らかな独特なキータッチを使うと、他のキーボードを使えない」

「このキータッチは他のキーボーでは言い表せない。REALFORCE以外、キーボードとは認めない」

REALFORCEの良いところは色々あると思いますが、カルト的な支持を受けているのは、独特なキータッチが影響していると考えられます。

 

少し話は変わりますが、韓国の日本不買サイト「ノーノージャパン」の運営者もこっそりとREALFORCEを使っているというニュースが話題になりましたね。

REALFORCE 韓国

(参考: 日本不買サイト「ノノジャパン」の運営者 日本製キーボードを使っていたことが判明

黒い服の男性が使用しているキーボードは、REALFORCEです。

日本がどんなに憎くても、手放すことができないほど良いキーボードなのでしょうね笑

でも、その気持ちは理解できます。私も実際に使ってみてわかりましたが、REALFORCEは、他に代替品のない唯一無二の最高のキーボードです。

REALFORCEを購入した理由

理由は2つあります。

  1. ボーナスをもらい、今後の仕事に活かせる道具を買おうと思ったため
  2. 周りの同僚に勧められたため

ありがたいことに、今年もボーナスをもらえました。今後の仕事に活かせる道具を買おうと思った結果、高級キーボードが選択肢に入りました。

多くの同僚がREALFORCEを使用しているため、購入を決断しました。

購入したREALFORCEについて

REALFORCE R2

REALFORCEのR2-JP4-BK(キー配列がJIS仕様、テンキー付き、APCなしのモデル)をAmazonで購入しました。

Amazonで¥20,100で購入しました。(値段は2019/11/20時点での情報)

マウスとの距離を少なくするために、テンキーなしのモデルを選ぶ人も多いですが、エクセルなどで数値を打つときに不便なので、テンキー付きのモデルを購入しました。

また、ACPは、なしを選択しました。

ACPとは、どれくらい押せばキー入力判定が有効になるかを、各キーごとに割り当てられる機能です。

REALFORCE ACP

例えば、誤入力を防ぎたいキーは、入力判定を深く設定するなどといったことができます。

使いこなせれば、便利な機能だと思うのですが、自分はそういったチューニングが苦手なので、今回は、なしモデルを購入しました。

1ヶ月間、REALFORCEを使い倒してみた感想

REALFORCE R2

1ヶ月間、REALFORCEを使い倒してみました。

職業は、ガリガリとコーディングするプログラマで、この1ヶ月間に何度もREALFORCEのキー入力を行いました。

キーが驚くほどスムーズに真っ直ぐに落ち、ストレスが溜まらない

実際に使い始めてみて、すぐに気付いたことがあります。

キーを押すと、驚くほどスムーズに真っ直ぐ落ちる。押したときに、一切の邪念がない。

今まで使用していたDELLの純正のキーボードと比較すると明らかでした。DELLのキーボードは、キーを押しても真っ直ぐ落ちません。キーが下に届くまでに、微妙に左右上下に動いている感覚があります。

これに非常にストレスを感じていました。数回、キー入力をするだけなら、ストレスは感じないと思うんですが、何回もキーボードを叩いていると、地理も積もれば山となるでイライラするんですよね。

しかし、REALFORCEには、一切、それがありません。どのキーも均一に真っ直ぐ落ちます。

REALFORCEでは、キー入力でストレスを全く感じません。

キーの重さが程よく、指が疲れにくい

REALFORCEのキーの重さ

REALFORCEのキーの重さは、均一ではありません。指の力が強い親指、人差し指、中指付近のキーの重さは、45gで、それ以外の指の力が弱いキーは、30gとなっています。

それだけ聞くと「え?それだけ?あんまり関係ないんじゃないの?」と感じるかもしれませんが、長くキー入力を続けていると、かなり差が出てきます。

私は、長いときだとぶっ続けで2時間以上、PCの前に座って、プログラムのコードを書いているときがあります。もちろん、キーボードは叩きっぱなしです。

DELLのキーボードを使っていたときと比較してみると、たった、10g、キーの重さが違うだけでも、指の疲れが全く違います。

結論

高価だが、製品のクオリティーから判断すると、妥当な価格設定である

値段は高い。だが、その値段の価値はある。

キーがスムーズに真っ直ぐ落ち、キーの重さが丁度よい。たったこれだけで、日々の仕事は劇的に効率UPするということを実感できました。

一度、使うと、他のキーボードには戻れないから注意

REALFORCEユーザーの多くが、口を揃えて「一度、使うと、他のキーボードには戻れない!」と言いますが、その通りだと思います。

この口では表現し難い、REALFORCE独自の滑らかなキータッチを一度味わうと、他のキーボードには戻れないですね (-.-;)

オススメのREALFORCEは、R2-JP4-BK

REALFORCEを初めて買うのであれば、R2-JP4-BKが良いです。

R2-JP4-BKは、キー配列がJIS仕様、テンキー付き、APCなしモデルです。

キー配列は、余程のこだわりがない限り、慣れ親しんだJIS仕様が良いです。

テンキーは、なんだかんだ言っても、数値入力の際に、真価を発揮するので、あったほうが良いです。

APCは、多くの人は、使いこなせないと思うので、不要だと思います。

R2-JP4-BKは、Amazonでも取り扱っているので、安心して購入できます。

 

REALFORCEは高価で贅沢品、と思いがちですが、毎日使うものなので、購入して後悔することはないと思います。

こういった日々使う物に投資することは、良いことだと思います。

 - ガジェット