meideru blog

家電メーカーで働いているmeideruのブログです。主に技術系・ガジェット系の話を書いています。

成功者に学べ!オススメの本を紹介する。

   

成功者

近頃は、成功者に関する本をたくさん読んでいます。理由は、彼らから学べることがたくさんあるからです。

今はサラリーマンエンジニアですが、いつか彼らのような成功者になることを夢見ています。

そんな話はさておき。

今日はオススメの成功者たちの本を紹介します。

すべて私が読んだ本なので、自信をもってオススメできます。

オススメの成功者の本

スティーブ・ジョブズ 上・下

 

言わずと知れたアップルの創業者で、世界で一番有名なCEOです。(2011年に膵臓癌で亡くなっています)

一発目に何を紹介しようか迷った結果、スティーブ・ジョブズになりました。私が最も尊敬する人物です。

彼はカリスマと称される一方で、何度も失敗しています。例えば、創業者にも関わらずアップルをクビになったりしています。(復帰後はiPhoneやiPadで大成功を収めている)

スタンフォード大学でのスピーチのフレーズがとても有名です。

「Stay hungry, Stay foolish」

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

 

ハーバード大学を中退してFacebookを創業したマーク・ザッカーバーグの話です。

Facebookを立ち上げる前、学内でFacemash(フェイスマシュ)と呼ばれる学生の顔を格付けするウェブサービスを立ち上げ、大学から処罰されたという逸話を持っています。

Facebookの創業間もない頃、他社に高額な買収金額を提示されても彼は決して応じませんでした。相当な野心家ですね。

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

 

アマゾンの創業者に関する本です。

会社の知名度と比較して、創業者のジェフ・ベゾスという名前はあまり知られていないような気がします。

実際のところ、現時点で彼に関する出版物は少なく、この本が彼について最も詳しく書かれています。

ジェフ・ベゾスはIT長者にありがちな「大学中退して起業」ではなく「大学を卒業してサラリーマン勤めをしてからの起業」です。

私も含めサラリーマンは、彼から学べることがたくさんあるはずです。

SHOE DOG(シュードッグ)

 

ナイキ創業者であるフィル・ナイト公認の自伝本です。

元は陸上選手でした。日本のオニツカ(現:アシックス)のシューズに惚れ込んで、輸入販売を行うブルーリボンという会社を創業します。

しかし、オニツカとの関係が上手くいかなくなり、シューズが調達できなくなってしまいました。

そこで、シューズメーカーのナイキを創業したというわけです。

欲しいシューズが調達できなくなってしまったから、自分でシューズを作るという行動力が素晴らしい。

Airbnb Story 大胆なアイデアを生み、困難を乗り越え、超人気サービスをつくる方法

 

Airbnb(エアビーアンドビー)は、「空いている部屋を借したい人」と「借りたい人」をマッチングさせるWebサービスです。

日本では法規制の影響であまり馴染みがないですが、Airbnbは今、世界で最も熱いサービスです。

ローンチ前、Airbnbのアイディアは様々な人に否定されましたが、今では大成功を収めています。

そんなサービスを立ち上げた3人のサクセスストーリーです。

グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ

 

みなさんご存知だと思うので、グーグルについての説明はしません。

グーグルを創業した2人もまた、会社勤めの経験がなく学生時代に起業のタイプです。

彼らは会社勤めの経験がないことをデメリットではなくメリットと捉えていたそうです。

その前向きな捉え方が素晴らしい。

ビル・ゲイツ―巨大ソフトウェア帝国を築いた男

 

故スティーブ・ジョブズのライバルと言われたマイクロソフト創業者のビル・ゲイツの本です。

当時ハーバード大学の学生でしたが、19歳で起業してその後、大学に戻ることはありませんでした。

頭の回転が速くビジネスでは素晴らしい才能を発揮した一方で、スピード違反で何度も切符を切られるという破天荒な一面も持っています。

古い本ですが、この本が最もビル・ゲイツについて詳しく書かれています。

創造の狂気 ウォルト・ディズニー

 

みんな大好きディズニー。

ディズニーの創業者が誰であるかを知っている人は多いと思いますが、詳しく知っている人は少ないのでは?

実は相当な苦労人で仕事に恵まれず、広告デザインの仕事をしていたって知っていましたか?

この本はボリュームがあり、大変読みごたえがあります。彼の人生の全てが書かれていると言っても過言ではありません。

ソニー 盛田昭夫―――“時代の才能”を本気にさせたリーダー

 

唯一、日本人に関する本を取り上げます。ソニー創業者の一人である盛田昭夫さんに関する本です。

彼はとても社交的で世界中に人脈があり、日本を代表するセールスマンであり、世界中の実業家が尊敬してやまない人物でした。

また、先見の明がありました。ウォークマンを考案したのは彼です。

1999年に亡くなっていますが、今、彼の考えや言葉を聞いても学べることがたくさんあります。

まとめ

この記事で紹介した本は全部読みました。

どれも自信をもってオススメできる本です。

ぜひ読んでください(^∇^)

 -