meideru blog

家電メーカーで働いているmeideruのブログです。主に技術系・ガジェット系の話を書いています。

大学の授業なんて無意味だからやりたい勉強をやれ!

 

大学

大学に通い始めて、3年半が経ちました。振り返ってみて思うことがあります。

それは、この3年半で大学から学んだことなど、ほとんどないということです。

大学の授業なんて無意味だと確信しています。
それよりも自分のやりたい勉強に時間を費やした方がよいです。

今日は、そんな話を私の体験談を交えて書きます。

これまでの学生生活

序盤は真面目に取り組んでいた

大学1年〜大学2年の終盤までは真面目に授業を受けていました。

授業はほとんど出席し、レポートもちゃんと提出していました。もちろん、テスト勉強はしっかりしていました。

成績に関してはSとAがほとんどで、GPAは3.0以上が当たり前でした。

中盤から授業を聞かなくなる

大学3年の頭から、授業を真面目に受けなくなりました。というよりも意図的に真剣にやらないようにしました。

理由は簡単です。意味がないと感じたからです。
授業に真面目に取り組んでも、これまでに得たものが何1つないと感じました。

そんなことをするよりも、やりたい勉強をやった方が自分は伸びるのではないかと思いました。

やりたい勉強に時間を費やすようになる

授業に真面目に取り組まない代わりに、やりたい勉強に時間を費やすようにしました。

やりたい勉強とは、プログラミング、マイコン、FPGA、アプリ開発、Web開発、サーバー、機械学習など技術的なことに関する勉強です。

とにかく、読みたい技術本を買い漁り、場所を問わず読みまくりました。

いよいよ今年も終わりですね。毎年言うことですが、今年もあっという間でしたね( ´∀`)本題に入りますが、今年はAmazonでたくさんの本を買いました。 購入したの本のほとんどは、プログラミングや電子工作に関する本です。今日は、今年購入した本をすべてご紹介します(^ ^)購入した本1月 1月はWeb開発を入門し、これらの本を購入しました。2月特に何も買いませんでした。 3月 3月はマイコンの勉強を始めました。使ったマイコンはPICです。これで戦車型のロボットを作ったりしました。興味のある人は過去の記...
今更ですが、2017年に購入したすべての本をご紹介したいと思います。  去年は総額107,899円を本に費やしていました。しかしながら、今年は総額209,742円という更に大きい金額を費やしていましたw一体なんの本を購入したのですか。買った本をすべて紹介したいと思います。購入した本それでは早速ご紹介したいと思います♪(´ε` )1月  バイトで機械学習のテーマを扱うことになったので、ディープラーニングの本をたくさん購入しました。「ゼロから作るDeep Learning」は特にオススメの本です。機械学習に関して知識...

 

出席点を取るためだけ授業に出席し、話なんて聞かずに読みたい本をずっと読む。
あるいは、持ち込んだノートPCで隠れながらスマホアプリやWebアプリのコーディング。

レポートは、友達が書いたものを丸々コピー。
テストは、直前に友人のノートをコピーして一夜漬けで暗記して挑む。

そんな学生生活に変えました。

とうとう授業にも出席しなくなる

そもそも授業に出席しても講義内容を聞かないのだから、出席すること自体が無意味なのではないか?

と思うようになり、ついに授業に出席しなくなりました。

 

代わりにプログラマのアルバイトを始めました。

昨日、IT系の企業のプログラマのアルバイトの面接を受けてきました。結論から言うと、採用されることになりました!今日は、仕事内容・勤務時間・時給・面接について書きたいと思います。なぜ、プログラマのアルバイトをしようと思ったのか目的は全部で2つあります。 実践的な技術・知識を学びたいから 自分に適性があるかどうか知りたいから実践的な技術・知識を学びたいから私は、中学3年の高校受験の終わりからプログラミングの勉強を始めましたが、すべて独学です。独学でも最低限の知識は身につきますが、実践的な知識とは言...
最近、プログラマのアルバイトを始めました。 毎日楽しく仕事をさせてもらっていますo(・x・)/今日は、IT系の会社のアルバイトの初出勤で思ったことを書きます。私が働いている企業についてmeideru blogは匿名で運用しているため、働いている会社の名前については秘密です。ザックリと説明すると、都内にある画像処理系のソフトウェアを開発している企業です。従業員は40人前後で、色々と学ぶには丁度良い規模の会社だと思っています。初出勤で思ったことスーツを着ている人が誰もいない想像通り、スーツを着て働いている人が一人も...
プログラマのアルバイトを始めてから1ヶ月が経ちました。学ぶことがたくさんあって、とにかく毎日が楽しいです。今日は、1ヶ月間、プログラマのアルバイトをやってみた感想を書きたいと思います。働いている会社について会社名についてmeideru blogは匿名で運用しているため、働いている会社名については秘密です。簡単に説明すると、都内にある画像処理系のソフトウェアを開発している会社です。従業員は40人前後で、社会経験を学ぶにはちょうど良い会社規模だと思っています。時給時給は1,300円です。アルバイトを始めた頃はお試し...
IT全盛期の今、プログラマになりたいという学生は多いと思います。そういう人はまず、IT企業でプログラミングのアルバイトをやってみることをオススメします。学生のうちにアルバイトでプログラミングをやることは、たくさんのメリットがあります。ちなみに私は今、アルバイトでプログラマをやっています。今日は、学生のうちにアルバイトでプログラマをやることのメリット、求人の探し方、プログラミングの勉強方法について説明します。私は今、プログラマのアルバイトをしています大学生の私は今、プログラマのアルバイトをしていま...

 

授業なんて出席せずにアルバイトに熱中していました。

しかし、出席点がないと単位がもらえないので、友達に代筆で出席をつけてもらうようにしました。

テストは相変わらず、直前にノートをコピーさせてもらい、一夜漬けで暗記して挑みました。

以上のような学生生活に変貌してしまったため、成績はほとんどがCで、GPAは1.0台まで大きく下がってしまいました。

力が確実につき始める

授業に真面目に取り組まなくなり成績は大きく落ちてしまいましたが、技術的な力は確実に身につきました。

今までわからなかったことがわかるようになり、本当に嬉しかったのをよく覚えています。

高校生の頃、本屋で立ち読みしてもわからなかった技術系の本の意味が、理解できるようになっていたのです。

また、書きたいコードが自由に書けるようになり、作りたいものが自由に作れるようになりました。

就職活動が楽勝で終わる

そんな生活を1年くらい続け、大学3年の終わりには、他の学生とは比較にならないくらい専門的な知識が身についていました。

自分で言うのもなんですが、そこら辺の院生よりも遥かに専門的な知識があったと思います。

 

バイトだけでは物足りず、今度は長期のインターンシップにも参加しました。

久しぶりのブログ更新となってしまいました。今はインターンシップに行っていて更新する時間が中々取れません。ご容赦ください(;^ω^)(インターンシップについての詳細は下記リンクをご覧ください。) 2週間のインターンシップに参加しているのですが、前半戦の1週間が終了しました。今日は、この1週間で何が起こったのかを書きたいと思います。参加しているインターンシップの企業について特定されるのが怖いので詳細は秘密です(>_<)ヒントは、王手黒物家電メーカーでエンターテイメント(映画、ゲーム)・金融などもやっ...
前回の記事の続きです。黒物家電のメーカーのインターンシップに来ているという話の前半を書きました。今日は後半を書きたいと思います。後半戦の詳細後半戦の詳細を時系列を追って紹介しようと思います。2日目以降はパーカーにジーパンで出社初日はジャケットを着用して出社しましたが、2日目以降はラフな格好(パーカーにジーパン)で出社しました。社員の人に聞いたらところ服装に指定はないということ。言ってはいけないことなのかもしれませんが、男なのに女装されて出社されている人もいました。なので、パーカーにジーパンく...
まだ4月で少し早いですが、今月中に2回の面接をして私も就活を終えました!結論から言うと、王手の黒物家電メーカーから内定をもらうことができました。職種は組み込み機器のソフトウェアエンジニアです。 内定を頂いたのはインターンシップで行った会社です。実は最終日に内々定のようなものをいただいていました。 なので、私の就活は信じられないほど簡単でした。エントリーしたのは、この1社のみです。今日は私の就活がどのようなものだったのか書きます。インターンシップで内々定を貰っていたとは冒頭でも述べた通り、...

このインターンシップは高学歴の人が多かったですが、私は実力を買われて採用してもらうことができました。

 

更になんとなんと、その会社から内定を貰うことができました。

インターンの最終日に部長と課長から直で内定を貰いました。(詳しくは、上の関連記事を読んでいただければわかると思います。)

つまり私は、実質、就職活動をしていません。受けた会社は、この会社のみです。

大学の授業なんて全く聞かず、成績も悪かったのに、やりたい勉強だけをして就職先を決めることができました。

総括

結果論で言えば、大学の授業を切り捨てて、やりたい勉強に力を入れたと言うのは正しかったのでしょう。

それは、身についた知識と、就職活動の結果がハッキリと証明しています。

もしも今、やりたいことが明確にある人は授業なんて真面目に聞かずに全力に取り組めば良いです。
本当にやりたいことを一生懸命やっていれば結果は後から必ず付いてきます。

 - 日記